新国立劇場「ライモンダ」

2022年4月4日


新国立劇場にて「ライモンダ」を鑑賞。

ザハロワが躍るというので、行ってきたのです。
主役の2人、ザハロワとマトヴィエンコのカリスマ度が凄いので、2人の間には何者も寄せ付けません、という雰囲気で強力な愛のパワーを見せていただきました。
この前観たレニングラード国立バレエの「ライモンダ」のときは、アブデラフマンがとても素敵だったので、悪役のほうについ心を動かされてしまったりしましたが(笑)、今日は本当に2人の世界に浸りきっておりましたね~

しかし、火曜日に観たばかりのモンテカルロバレエの余韻をどうやらまだ引きずっているらしく、どーも今日はノリの悪かった私なのでした。

まあ、そうはいっても結構楽しかったです。特にオーケストラが良かった。
今日の指揮はオームスビー・ウィルキンス、東京交響楽団で、これがなかなかに素晴らしくて、実を言えば時々踊りを観るよりもオーケストラの演奏のほうに聴き入ってしまったほどでした。バレエを観に行って、こういうのは初めてのことなので意外だったし、いい音に出会える嬉しさもありました。ウィルキンス氏の指揮って、すごく都会的というか、男性的で力強くて、私好みのかっこ良さがあります。それが、特に3幕のライモンダの、力強い踊りをさらに盛り上げているような気がしました。ザハロワさんてカッコイイな~と思いました。彼女の身体って、外見は優雅で美しいのですが、芯がビシッとしてて鋼のような強さがあるんだなと思いながら観ていました。
マトヴィエンコのジャンは、とても堂々としていて落ち着きがあって素敵でした!

衣装で気になったのは金と銀の使い方。
金色を銀色に近づけて、他の色合いも、結構何色も使っているのに抑えめなトーンにしているからけばけばしくなくて、全体の調和が綺麗でした。とても勉強になりました。

本当にバレエって、毎度のことながらたくさんの勉強になります。

もうすぐバレンタインということもあるのか?
ライモンダとジャンの強力な愛のパワーに、癒されました。

バレエ

Posted by miniaten