ヒューマンドラマ, 心理描写

いろいろと考えさせられる作品で、興味深く観賞した。
マイク・ミルズ監督は、人間の観察がとても好きな人なんだなと思い、非常に共感を持った。

・・・どうも、私はちょっとばかり勘違いしていたことに気がついた。

アーティスト, 心理描写

私は、カポーティの本を読んだこともなく、「ティファニーで朝食を」も、さらっと観ただけで、それほど印象的ではなかった。
それでも、この「カポーティ」は非常に入り込んで観ることができた。
また、カポーティという人に興味を持 ...

ファンタジー, 心理描写, 自分探し

娘が小さい頃、電車や自動車で移動中にお腹がすいたり疲れてきたりして、ぐずりだしそうになることがありました。
そういう時きまって私は始めるのです。
ワケのわからない、つじつまのあわない、おとぎ話を。
その場の思い ...

ミステリー, 実話ベース, 心理描写

大好きなエディ・レッドメインがほとんど出っぱなしというのは、今までなかったので、これはかなり嬉しかったです。
他にも、父役にスティーヴィン・ディレイン、ウナクス・ウガルデ、ヒュー・ダンシーと、美形俳優が勢ぞろいです。

心理描写, SF

試写会の日、朝起きてみると。
木目のくっきりしたアンティークテーブルの上に、ジョン・エヴァレット・ミレイの展の目録が。
表紙はオフィーリアの絵。

つまり、朝起きるなり目に飛び込んできたのがミレイのオフィーリ ...

サスペンス, 心理描写

舞台は、南米、エクアドル。そう、あの、ガラパゴス諸島を領有する赤道直下の国。
連続殺人犯と、TVレポーターのからみを描いた作品。
5年間に140人を殺害したという人物と、少女71人を殺害したという人物の、実在